自ら謀反人となることを恐れてはならぬ。新しいものは常に謀反である。

スポンサーサイト

★以下本文中、写真をClickで拡大画像を表示します★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

下総國一之宮 香取神宮

★以下本文中、写真をClickで拡大画像を表示します★
下総国一之宮、旧官幣大社 香取神宮です。

0001DSC08384a.jpg



0003DSC08391c.jpg

0002DSC08389b.jpg

◎香取神宮◎
http://www.katori-jingu.or.jp/index.htm
さすが有名大社だけあって、webサイトもしっかりしたものがあります。
一之宮と称するからには、web上においても
最低限、これくらいはやって頂きたいものです。

で、御鎮座の場所ですが、
http://tinyurl.com/kxbhh
東関道の佐原香取ICから、車でほんの2~3分の位置です。
基本的に東関道は交通量が少なくてガラガラなので、
東京・横浜方面からは意外なほどあっという間に到着します。
特に東関道終点間近のこの辺りまでくると車がほとんど走っておらず、
「熊しか通らない高速道路」などという
どこぞの政治家が言っていたようなセリフが思い出されます(^^;...。
東京駅から高速バスなどもありますが、まぁ、車でしょうね、香取神宮参拝は。


katorima.jpg

明治以前においては、"神宮"の号を使えたのは、
伊勢の皇大神宮の他には、この香取とすぐ近くの鹿島だけであった
という由緒を持つだけあって、境内敷地はなかなか広大です。
が。
個人的独断と偏見による香取神宮の見所は、
「参道」と「社殿」
特に。何といっても「一の鳥居と二の鳥居の間の参道」ですな。


0004DSC08393d.jpg
この巨大な朱塗りの一の鳥居をくぐりますと

0005DSC08394e.jpg
なだらかな坂道の参道が始まります。

0005DSC08397f.jpg

0006DSC08398g.jpg
この"緑"な雰囲気が非常に良い感じ。
道沿いに延々と並ぶ燈篭がこれまた独特の空気を醸し出しております。
0007DSC08399h.jpg

0008DSC08400i.jpg

0009DSC08401j.jpg

0010DSC08402k.jpg

0011DSC08403l.jpg

どうですか、この幽玄で深淵な光景は!(^^)
個人的には、もぅこれだけで、ここまで来た甲斐がありました。
オフィシャルwebサイトでは、春と秋の景色が素晴らしい
とありましたが、今の時期のこの景色もまったく負けておりません。


そして、この緑のトンネルを抜けると二の鳥居です。
0012DSC08405m.jpg


0014DSC08407o.jpg
敬神!!!

0015DSC08408p.jpg
尊皇!!!

0013DSC08406n.jpg
で、こちらが総門です。

0016DSC08409q.jpg
赤いですね・・・。目が痛い・・・(^^;...。


ちなみに境内見取図はこんな感じ。
katorizuuu.jpg
けっこう色々あります。



0017DSC08411s.jpg

0018DSC08412t.jpg
総門をくぐるとこのような感じになってます。

0019DSC08413u.jpg
やはり緑に包まれております。(^^♪

0020DSC08414v.jpg
さて、本殿のほうへ向かいましょう~♪

0021DSC08419w.jpg
そして、こちらが楼門。
0022DSC08474ap.jpg
この揮毫は、東郷平八郎元帥だそうです。
それにしても、東郷さんは色んな神社でお目にかかりますなぁ。


さて、いよいよ社殿の領域に入ります。
0023DSC08424x.jpg
お、茅の輪がありますねぇ。
0024DSC08428y.jpg
その茅の輪ごしに社殿を一枚。

0025DSC08432z.jpg
この黒い社殿。非常に良いです。
靖国神社の社殿も黒塗りですが、香取のこの黒い社殿の方が良い。
しかも、茅葺の屋根との取合せがこれまた良い感じ。
純粋にイケてる、というか"カッコ良い"ですね。
言うなれば、イケてる社殿=イケデン。
そんなのダメですか?(^^;...。

0026DSC08434aa.jpg

0027DSC08454ak.jpg

0028DSC08461an.jpg
ん~、やっぱりこの社殿はカッコ良いなぁ~。(^^)

0029DSC08458.jpg

0030DSC08443ai.jpg

0031DSC08449aj.jpg
本殿部分も同じく良い感じです。

0032DSC08470ao.jpg
ずっと眺めていてもまったく飽きることはありません。
とにかく、この色合いが素晴らしいですわ。


で、この社殿をぐるっと取り囲むようにして、
いろいろなオブジェ系がたくさんあります。

0033DSC08436ab.jpg

0034DSC08437ac.jpg

0035DSC08438ad.jpg
"かとり"なる自衛隊の練習艦があったそうで。


0036DSC08441ag.jpg

0037DSC08442ah.jpg

これがかなりの迫力。
三つに割れた杉っていうのは滅多にお目にかかれません。


0040DSC08456am.jpg

0038DSC08455al.jpg

この御神木もやはりゴツイ。


DSC08457.jpg
授与所のところにありました、御神刀!

どっかにこういうグッズがあるだろうとは以前より思っておりましたが、
遂に、ここ香取の地にて発見致しました!

もちろん、かなり物欲をそそられたわけですが、
その刹那・・・、
「なぜか意味もなく木刀をお土産で買う修学旅行の小中学生の図」
が、わたくしの右脳に去来しまして(^^;...、

とりあえず、購入は保留に致しました。
まぁ、この香取神宮にはまた来ることは確実ですから、
その時に購入しても良いわけですし。


御朱印を頂く前に、境内の他の場所も散策してみますか。

0041DSC08482aq.jpg
「護国神社」。これはゆくしかありませんね。
0042DSC08483ar.jpg
鳥居をくぐった途端に日が射して参りまして、
このような色合いの光景となりました。

0043DSC08485as.jpg

0044DSC08486at.jpg
この小さなお社が護国神社というわけですが、
ちょうどここは広場のようにポッカリと杜が開けておりまして、
何ともいえない独特の不思議な空気感が漂っております。

こりゃ確実に何かいますよ・・・、隊長ぉ~!!!(^^;...。

失礼しました。すっかり取り乱してしまったようで(^^;...。
0045DSC08487au.jpg
しっかりお参りして、先に進みましょう。



0046DSC08489av.jpg

要石もあるようです。

0047DSC08490aw.jpg
情緒溢れる小道の先に・・・
0048DSC08491ax.jpg
ありました。要石。
0050DSC08493az.jpg


0049DSC08492ay.jpg
この要石は、鹿島神宮にある要石とリンクしているそうです。


要石よりさらに奥まったところに、
0055DSC08501bd.jpg

「奥宮」というのがありました。0056DSC08502be.jpg

0057DSC08503bf.jpg

0058DSC08504bg.jpg
小さなお社ですが、これもなかなか良い雰囲気。
この社殿は、伊勢神宮御遷宮の折の古材を使用とのこと。
香取の御祭神:経津主大神の荒御魂を祀っているそうです。
0061DSC08508bi.jpg


ですが・・・。

0060DSC08507bh.jpg

おいおい、折れてるよ(-_-;)…。

arienee.jpg




オマケを一点。

0052DSC08495bb.jpg
このような胸像がありまして、
0053DSC08497bc.jpg

だそうで、
0051DSC08494ba.jpg
立派なお方だったようです。

で、よ~く目を凝らして見ると・・・。
0054DSC08497.jpg


あ・・・(-_-;)。
頭を、ハチミツ。ぢゃなかった、ポマードでテカテカに光らせて、
シナのハニートラップに踊ったあの人が・・・。

なにげにこんなところにも・・・。まったくねぇ・・・。

arienee.jpg





さてさて、気を取り直して御朱印を頂くとしましょう。

katorika.jpg


"武"を尊ぶお社の割りには、意外と淡白な御朱印ですな。

とにかく、この香取神宮は、参道と社殿です。
こういうお社を見てしまうと、
もはや、京浜地区の都会のお社が少々霞んで見えてしまいます。
やっぱり神社には深い杜がないといけません。
香取神宮、はるばる来た甲斐があった!

    ∩
    ( ⌒)     ∩_ _
   /,. ノ      i .,,E)
  ./ /"      / /"
  ./ / _、_   / ノ'
 / / ,_ノ` )/ /
(       /  good job!
 ヽ     |
  \    \




せっかくここまで来たからには、
ほんのちょこっと先にある鹿島神宮にもゆかねば!

ということで、
香取さんとも仲良しな、鹿島さんへと向かうことにしました。
DSC08383.jpg

  1. 2006/06/16(金) 13:37:57|
  2. 千葉県 香取市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<甲斐國一之宮 浅間神社 キノコ | ホーム | 香取神宮の巫女>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fuziyamageisya2.blog52.fc2.com/tb.php/229-8dac3bcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


blogmaster Only


< このblogの主 >

ko.kishi( 岸 浩太郎 )

blogmaster:
ko.kishi( 岸 浩太郎 )


祓え給い
清め給え
神ながら
守り給い
幸え給え

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。